DXプロジェクトは「KPT法・KPT分析」で成果を出す。アジャイル開発・アジャイル型組織でDXを推進!



プロジェクトが一段落したら「次につながる改善」へ。 プロジェクト成功には、過去のプロジェクトを振り返り「反省を次に活かす」ことが大切。

プロジェクトの課題整理・課題解決の検討は、「KPT分析」が有効です。 昨今、DXプロジェクトで採用される「アジャイル開発・アジャイル型組織」と組合わせることで、より効果を発揮します。

そこで今回は、プロジェクト改善に役立つ「KPTの概要・メリット」「DXプロジェクトで役立つKPT手法・アジャイル開発・アジャイル型組織」を紹介。プロジェクトの品質改善に悩むプロジェクトマネージャーの方、ぜひご覧になってくださいね。

KPTとは


【KPTとは】 KPT(ケプト)は「振り返りのメソッド」で、「Keep・Problem・Try」の頭文字から成る造語です。現状を客観的に把握し、「次にどうするべきか」の指針策定に役立ちます。

KPTの発祥は、米国のコンピュータープログラマー「アリスター・コーバーン氏」が、アジャイル開発の現場で生み出したもの。その後、日本に広まりました。KPTのメソッドは、「スピーディかつ効率的な業務遂行」に効果を発揮します。


【KPTの目的・メリット】 KPTの目的は、次により良い結果を生み出すため「改善すべき点(Try)を明確にする」こと。プロジェクト課題改善のため、さまざまな角度から振り返り、検証を行います。

プロジェクトの振り返りする際、よくあるケースが「責任追及の場」と化してしまうこと。皆が「悪かった点」に意識が向いてしまい、プロジェクトで起きた「問題の粗探し・犯人探し」になりがちです。

KPTは「チーム内で良かった点(Keep)」「悪かった点(Problem)」の両方を出し合うことが特徴。「ポジティブ」な面も多く拾い上げ、メンバーが「前向きに改善を考える場」を形成します。

ポジティブなマインドを保ち、短い間隔でKPTを繰り返し実施することで「チームの生産性向上」「モチベーションアップ」につながります。

DXプロジェクトで役立つ「KPT手法」


【DXプロジェクトとアジャイル開発】 昨今、あらゆる産業で「DXの取組み (DXプロジェクト)」が活発化するなか、「アジャイル開発」を採用する企業が増えています

アジャイル開発は「計画→設計→実装→テスト」の開発工程を、機能単位の「小さいサイクルで繰り返す」のが特徴。スピード重視で「短期間の開発を繰り返し、改良を重ねる」DXプロジェクトは、アジャイル開発がフィットします。

【DXプロジェクトのKPT実施方法】 アジャイル開発による「DXプロジェクト」は、KPTを用いた「改善策の洗い出し」が効果的。

プロジェクトメンバーは定められた開発期間内(スプリント)に、「動作する機能」を生み出すため、最善を尽くします。スプリントは通常1〜4週間内で設定しますが、「各スプリントが終わるごと」にKPTを実施するのが望ましいでしょう。

「Keep・Problem・Try」を洗い出し、次のスプリントで「Try項目」を実施。本サイクルを繰り返すことで、「プロジェクトの抱える課題」を改善していきます。

DXを推進する「アジャイル開発・アジャイル型組織」


【DXを推進するアジャイル型組織】 DX推進に伴う「アジャイル開発トレンド」に加え、新しい組織の形として「組織のアジャイル化」が注目を集めています。

背景として、各企業は「変化が激しい競争環境」にさらされ、いま変化に適応できない企業は生き残りが厳しい世の中に。「組織の柔軟性・変化への適応力」が不可欠で、組織の在り方が見直されています。

アジャイル型組織は、アジャイル開発の概念を「エンジニアだけでなく組織全体に適応」させたもの。さまざまな機能を持つ人材を集め、臨機応変に対応可能な「変化に強い組織」を形成します。

【アジャイル開発・アジャイル型組織の課題と解決策】 機動力と柔軟性を駆使し「顧客の声を即座に反映する」のが、アジャイル型組織のメリット。アジャイル型組織でKPTを用い「サービス改善に努める」ことで、DXプロジェクトのスピードアップ・品質向上に期待が持てます。

一方、アジャイル型組織とは、業務部門・デジタル部門・外部ベンダーなど「組織の壁を超えた混成チーム」。多様な人材を1つのチームとして機能させるには、管理者となる「プロジェクトマネージャーの手腕」が問われます。

「プロジェクトに必要なスキルセットを持つ人材の調達」 「部署間・プロジェクト間のアサイン調整」 「多様な人材の稼働管理・プロジェクトの進捗管理」

これらの問題に対処するには、プロジェクトマネージャーの助けとなる「人材調達・リソース管理に役立つツール」が必要不可欠です。

当社が提供する「Co-Assign(コーアサイン)」を使うことで、「人材」に関わる課題を解決し、DXプロジェクトを成功に導きます。

アジャイル型組織・アジャイル開発の人材プラットフォームは「Co-Assign(コーアサイン)」


アイリッジが提供するCo-Assign(コーアサイン)は、プロジェクトマネージャーの「人材管理」「手配コスト」を大幅に削減し、アジャイル型組織・アジャイル開発のDXプロジェクトを成功に導く人材プラットフォームです。


プロジェクトに関わる人材の「アサイン調整・稼働管理」をクラウドで実現し、プロジェクトスタートまでの体制作りをスピードアップ。「ヒトの可視化(稼働状況・スキルセット)」により、最適な人員配置を柔軟かつ素早く構築します。

Co-Assign(コーアサイン)は無料でトライアル利用が可能です。興味を持たれた方は、こちらのお問合せフォームからトライアル希望をご連絡ください。


DXプロジェクトに必要な「『ヒトのリソース管理』に関する課題」はCo-Assignが解決します!