top of page

駆け出しプロジェクトマネージャー:立ち上げプロセス:ステークホルダーについて


前回 プロジェクト憲章は、プロジェクトの成功に向けた方向性を明確にする重要な文書であることを学んだコウ。今日はステークホルダーについて学んでいく。














 

ステークホルダーについて


ステークホルダーとは、プロジェクトに影響を与える可能性がある人や団体のことを指します。顧客、チームメンバー、上層部、サプライヤー、投資家、地域社会などがステークホルダーに含まれます。プロジェクトの成功には、ステークホルダーの要件や期待を理解し、適切に対応することが重要です。


PMBOK用語でステークホルダーというのは、次のように定義されています。


プロジェクトやプログラム、ポートフォリオの意思決定、活動、成果に影響したり、影響を及ぼされたり、影響を受けると感じる個人やグループ、組織」













 

ステークホルダーの特定


まずステークホルダーは「直接的ステークホルダー」と「間接的ステークホルダー」の2種類に分類することができます。


直接的ステークホルダー


直接的ステークホルダーは企業活動に直接的な影響を与える人や絶対的な権限を持つ人、もしくは団体をいいます。

例えばその組織の経営者や株主、金融機関、プロジェクト・マネジャーやプロジェクト・メンバーなどです。


間接的ステークホルダー


間接的ステークホルダーとは、プロジェクトに直接的な影響を与えないものの、プロジェクトの影響を受ける人、もしくは団体をいいます。

例えば顧客や取引先も間接的なステークホルダーですが、プロジェクト・メンバーの上司や家族も間接的ステークホルダーに含まれます。

また、プロジェクトの結果、業務の仕組みが変わる部署も、間接的ステークホルダーになります。

例えば、プロジェクトの結果導入するITシステムにより営業部の仕事の取り組み方が変わるのであれば、営業部全体が間接的ステークホルダーとなります。

こうした間接的ステークホルダーは、プロジェクト開始当初から明らかになっているものもあれば、プロジェクトの進行とともに明らかになったり、プロジェクト中の判断の結果、追加されるものもあります。


ステークホルダーを特定するためには、以下の手順が一般的に推奨されています。

  1. プロジェクトチームに関わる人々の特定 まず、プロジェクトチームに関わる人々を特定します。プロジェクトチームには、プロジェクトマネージャーやプロジェクトメンバーが含まれます。

  2. プロジェクトの目的や範囲に影響を与える人々の特定 次に、プロジェクトの目的や範囲に影響を与える可能性のある人々を特定します。例えば、プロジェクトスポンサーやプロジェクトの顧客、プロジェクトのサプライヤー、プロジェクトに関連する部門や外部の関係者などが含まれます。

  3. ステークホルダーの要件や期待の収集 特定したステークホルダーの要件や期待を収集し、分析します。ステークホルダーが求める成果物や、彼らの利害関係などを理解することが重要です。

  4. ステークホルダーの優先順位付け 収集したステークホルダーの要件や期待を優先順位付けし、プロジェクトの目的や範囲、スケジュール、コスト、品質、リスクなどに適切に反映することが必要です。

  5. ステークホルダーの関与計画の策定 特定したステークホルダーの関与計画を策定し、彼らの要件や期待を適切に反映するようにします。また、ステークホルダーの情報を共有することによって、ステークホルダーの関与を促進し、プロジェクトの成功につなげることができます。

以上の手順を踏むことで、プロジェクトに影響を与えるステークホルダーを特定し、プロジェクトの目的や範囲、スケジュール、コスト、品質、リスクなどに適切に反映することができます。特に、直接的ステークホルダーと間接的ステークホルダーの両方を考慮することが重要です。



















































 

リソース管理の業務効率化を目指すなら


私たちは、アサイン管理・リソース管理といった業務をより効率的にし、ビジネスアジリティを向上させるためのツールである Co-Assign(コーアサイン)を提供しています。

もし、ご興味があれば こちらより お気軽にお問い合わせください。







Comentários


bottom of page