top of page

ダメダメなアサイン管理って?

先日、システムエンジニアを長年務めいている方に、”最悪!”と感じるアサインにはどんな要素があるかをお伺いしました。

大きくは下記の5つになるよです。


  1. 不明確な目標や要件: アサインされたタスクが不明確で、具体的な目標や要件が定義されていない場合、タスクを遂行することが難しくなります。明確な目標や要件がないと、どのように進めればよいか判断できず、時間と労力を無駄にしてしまう可能性があります。

  2. 締め切りが過度に厳しい: 締め切りが現実的ではなく、過度に厳しい場合、タスクを達成するための余裕がなくなります。短期間で多くの作業をこなすことが求められるため、ストレスが増大し、作業の品質やパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

  3. スキルや経験に合わないタスクのアサイン: 自分のスキルセットや経験に合わないタスクをアサインされた場合、タスクの達成が難しくなります。適切なトレーニングやサポートが提供されないまま、未経験の領域に投入されると、自信を失うことがあります。

  4. コミュニケーションの欠如: アサインされたタスクについての詳細な説明や進捗報告が不十分な場合、自分の進捗状況を把握することが難しくなります。必要な情報を得られないため、適切な対応ができず、作業がスムーズに進まないことがあります。

  5. 影響力のない意思決定: アサインされる側として、自分の意見や提案が無視されるような状況では、モチベーションが低下しやすくなります。自分の意見が重要にされないと感じると、プロジェクトに対する積極性が失われることがあります。


次に上記のような問題を解決する為には、どうしたら良いかを聞いていました。


アサイン管理者との適切なコミュニケーションやタスクの適切な配分が重要です。アサインされる側の意見やスキルを考慮し、適切なサポートを提供することで、よりスムーズなプロジェクト進行が期待できます。




「リソース管理」に関する課題に対して、Co-Assign がどのような機能を提供しているかは、機能:リソース管理 にて画面を交えながらご説明しています。





Comments


bottom of page