経営視点の工数管理方法を徹底解説!【開発部長向け】

開発部長は、組織内で進行する複数のプロジェクトを管理しています。

本日は、プロジェクトマネージャーを束ねる開発部長向けの最適な工数管理方法について、徹底解説します。


工数管理の目的

工数管理とは「ある作業に要した時間」と「作業に要した人数」を時間や人日、人月という単位で算出し、その管理をすることを言います。

管理の目的は下記です。

プロジェクトの進捗・見通し

今どのくらい工数を使っていて、今後どのくらい工数が見込まれるのか、管理者が把握するためです。

予算と実績を比較しパフォーマンス改善を図る

予算に対して実績がどうだったか振り返り、今後のパフォーマンスの改善を図ります。


つまり工数管理は開発部門にとって、作業時間と人件費の「今」と「結果」を示すデータであり、開発部長にとって戦略材料として重要な情報です。




戦略的な開発部の運営方法

開発部門としてキャパシティ(受容力)を強くするために、下記2点の「コスト削減」と「作業効率化」を最大限におこないます。

この2つが成功した結果として、組織の透明性が高まり、人材調達の見通しや採用要件の具体性が増し、戦略的に案件を受け入れて進めることができます。

最適な人材配置

人的リソースを有効活用します。社員のスキル管理を行い、案件アサインのミスマッチを撲滅、今アサインされているプロジェクトの進捗と今後の見通を踏まえた配置調整を行います。稼働過多や余剰人材が無いよう、リソースを最大限に活用します。


コスト削減と可視化

開発部の中で発生する情報の収集方法は、リーダー(プロジェクトマネージャー)1人1人に状況を聞いたり、定期的に会議をするなど、比較的高い頻度のコミュニケーションが必要です。

またテレワークが進む中でコミュニケーション方法は工夫が必要です。

属人化している情報の可視化を行うことで、情報の収集と共有のスピードを上げて、モチベーションアップや信頼関係に関連するコミュニケーションに時間を使うことができます。



時代の変化に合わせた開発体制を作れるか?

時代の変化にあわせて、開発事業も変化する必要があります。

例えば、DX推進の時代にあわせて大規模開発だったプロジェクトが、PDCAを早く回せるよう短納期化し、小規模開発が多くなってきました。

それに伴い開発体制も素早い体制づくりが求められる事や、DX人材といった専門性があるメンバーが必要など、今までなかった対応を行う機会が増えました。


「どのようなスキルをもつ人材が何人必要か」組織に必要な人材の定義と採用人数を明確にしましょう。

足りない人材はSESを活用するなどして、最適な人材を最適なプロジェクトへアサインし、長期的な視点で人材リソースの活用を考えることが大切です。




現場とコミュニケーションをとり、組織の現状を正しく把握できるか

適切なアサインを行なうには、アサインマネージャーがメンバーの事を熟知できているかどうかが大きなポイントです。

メンバーのスキルや今後の希望キャリアを把握していると、人材配置や教育と評価がスムーズに行えます。

そのため開発部長(アサインマネージャー)はメンバーに関する情報の管理と、現場メンバーとのコミュニケーションを深めることが大切です。




経営視点に特化した、アサイン管理ツールCo-Assign(コーアサイン)


①誰がどのプロジェクトにアサインされているか簡単把握

アサインの調整には、まず誰がどこにアサインされているか、現在の状況を把握する必要があります。

策定済のプロジェクト計画を確認すれば良いという訳には行かず、状況も日々変わっていきますので、Co-Assign(コーアサイン)を活用してクラウド上で一元管理すれば、現状把握する時間や、プロジェクトメンバー本人や担当PMなど人へ聞く手間が省けます。


②今後の作業負荷をメンバー別に簡単把握

プロジェクトの納品スケジュールによっては、特定のメンバーに作業負荷が集中してしまう場合があります。

その一方で、稼働に余裕がある人員や未アサインの余剰人材が発生する可能性もあります。

Co-Assign(コーアサイン)はメンバー別稼働予定表を簡単に作成できる機能があるため、全員の稼働予定を俯瞰して見る事ができ、そのような稼働の偏りを回避できます。



③簡単に要員計画を作成できる

プロジェクトマネージャーが求めるプロジェクトの成功のために必要なスキルと、実際にアサインされた人が持つスキルにアンマッチがある場合あります。


また稼働状況も、特定の人に集中する一方で余剰人材が発生している場合もあります。

Co-Assign(コーアサイン)なら、社内人材の保有スキルと稼働予定を見ながら簡単に適切な要員計画を作ることができます。




\無料トライアル実施中/


現在、無料トライアル利用企業様を募集中です!お気軽にお問い合わせください。



✔ 完全無料で全機能がお試しいただけます。


​✔ ユーザー数やプロジェクト数にも制限はありません。


✔ 有料での利用は、効果を実感して継続される場合のみ。


​✔ 導入支援はハンズオンで。その後もチャットサポートします。




開発リソースのコントロールに関する

\アサイン管理・要員管理のお役立ち情報はこちら!/

Co-Assign(コーアサイン)がお送りするお役立ち情報を発信中です。ぜひご覧ください。