top of page

プロジェクトリーダー必見 **性格診断を使ったチーム編成のコツ**




今回は、皆さんが持つ個性とアサイン管理を上手く活用したらどうなるのか見てみましょう。


システム開発会社では、プロジェクトの成功は効果的なタスク割り当てにかかっています。しかし、どのようにして最適な人材に正しいタスクを割り当てるかは、常に難題です。

ここで、16Personalitiesの性格診断を使ってチームメンバーの個性を理解し、それぞれの強みを活かすのに最適な方法を見つけられるかもしれません。




16Personalitiesの性格タイプは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)に基づいています。この理論は、人々の性格を16の異なるタイプに分類し、その性格タイプごとに特定の特性や傾向があると考えます。

アサイン管理、つまりプロジェクトやタスクの管理に適している性格タイプを考える際、

特に重要なのは、計画性、組織力、リーダーシップ、コミュニケーション能力などの特性です。

 

効果的なタスク割り当て?ステップ


  1. 性格診断の実施: チームメンバー全員に16Personalitiesのテストを受けてもらい、性格タイプを把握します。

  2. 強みと弱みの分析: 各メンバーの性格タイプに基づいて、強みと弱みをリストアップします。

  3. タスクとのマッチング: プロジェクト内のタスクを、各メンバーの性格タイプに合わせて割り当てます。

  4. フィードバックの収集: タスク割り当て後、定期的にフィードバックを収集し、必要に応じて調整を行います。



ポイント

個々の成長の促進: 性格診断を用いたタスク割り当ては、個人の成長機会を提供します。メンバーが自身の強みを認識し、新しいスキルを身につける機会を得ることで、個人のキャリア発展にも寄与します。


チームのコミュニケーションの改善: 性格タイプの理解は、チーム内のコミュニケーションを改善する助けになります。異なる性格タイプのメンバーが互いの視点を理解することで、より良い協力関係を築くことが可能になります。


柔軟性と適応性の重視: タスク割り当ては静的なものではありません。プロジェクトの進行に合わせて柔軟に調整し、チームメンバーの成長やプロジェクトの要求の変化に対応する必要があります。



実践してみると面白いかもしれません。


 


これらのタイプは、思考、感情、行動、対人関係の傾向に基づいており、個々のメンバーがどのようなタスクに最適かを理解するのに役立つかもしれません。


一般的に、管理職やリーダーシップに適した性格タイプとして考えられるのは、以下のものがあります。


ENTJ (指揮官)

強力なリーダーシップと決断力を持ち、ビジョンを現実に変える能力があります。


ESTJ (管理者)

実用的で組織的、規律を重んじ、計画に従って物事を進めることが得意です。


INTJ (戦略家):

高い戦略的思考能力を持ち、長期計画を立て、それに基づいて行動することが得意です。



ENTP (発明家)

新しいアイデアや可能性に富み、柔軟性と創造性を持ってプロジェクトを導くことができます。



リーダーシップのサポート役として適したものは…



指揮官(ENTJ)のサポートに適したタイプ

  • ISFP (冒険家): ENTJの強い指導力と大胆な決断に対し、ISFPは柔軟性と個人の感情への理解をもたらし、チームの創造的な側面を強化します。

  • INFP (仲介者): ENTJの目標達成に対する強い動機付けとは異なり、INFPは個人の価値やチーム内の調和を重視し、より人間味のあるアプローチを提供します。

管理者(ESTJ)のサポートに適したタイプ

  • INFP (仲介者): ESTJが構造と秩序を重視するのに対して、INFPはチームの感情や個人の価値観に注意を払い、より包括的な環境を作り出します。

  • ISFJ (擁護者): ESTJの実践的で組織的なアプローチを、ISFJは人間関係の維持とサポートで補完し、チームの福祉に寄与します。

戦略家(INTJ)のサポートに適したタイプ

  • ENFP (広報運動家): INTJの戦略的思考と内向性に対して、ENFPは外向的なエネルギーと創造性を提供し、チーム内での新しいアイデアや視点を刺激します。

  • ESFP (エンターテイナー): INTJが計画と未来志向に焦点を当てるのに対し、ESFPは現在の瞬間を最大限に活かし、チームの士気と活動を高めます。

発明家(ENTP)のサポートに適したタイプ

  • ISTJ (実行者): ENTPの革新的で柔軟な思考を、ISTJは細部への注意と計画的な実行でサポートし、アイデアを現実の結果に変えるのを助けます。

  • ISFJ (擁護者): ENTPが時に無視しがちなチームメンバーの個人的なニーズや感情に対して、ISFJは思いやりとサポートを提供し、チームの内部結束を強化します。

これらの組み合わせは、リーダーシップの強みを活かしつつ、彼らの弱点を補い、よりバランスの取れたチームダイナミクスを作り出せるかもしれません。

サポート役はリーダーの決断を補強し、プロジェクトの成功に向けたチームの道を滑らかにするでしょう!



 


システム開発における性格タイプの活用


では、システム開発においてどんなタイプが各役割を果たせるのか見てみましょう。



1. 戦略家 (INTJ) と論理学者 (INTP): これらのタイプは、複雑な問題を解決するのが得意で、新しいアイデアやシステムを設計する作業に適しています。彼らには、新しいアーキテクチャの設計や、難解な技術的課題の解決を任せましょう。


2. 指揮官 (ENTJ) と起業家 (ESTP): プロジェクトを前に進め、チームを動機づける能力があります。彼らはプロジェクトマネージャーやリードデベロッパーとして最適で、タイムラインの管理やリソースの配分を行うことができます。


3. 提唱者 (INFJ) と仲介者 (INFP): これらのタイプは、ユーザー体験やインターフェースの設計に向いています。彼らの創造性と共感力を活用して、使いやすく、感情に訴える製品を作りましょう。


4. 実行者 (ISTJ) と擁護者 (ISFJ): 細部に注意を払い、計画に従って作業を進めることができます。品質保証やテスト、ドキュメントの作成など、精密さが求められるタスクが適しています。


5.ESFJ (領事官) と ISFJ (擁護者) は、チームの協調性を高め、プロジェクト環境を安定させる役割を果たすことができます。


6.ESFP (エンターテイナー) と ISFP (冒険家) は、創造的なアイデアと人間関係に焦点を当て、チームのモチベーションと創造性を高めることができます。


7.ESTJ (管理者) と ISTJ (実行者) は、計画性、組織力、詳細への注意に長けており、プロジェクトのスケジュールと品質管理を効果的に行うことができます。


8.ESTP (起業家) と ISTP (職人) は、実用的な解決策の発見や緊急時の問題解決において、その柔軟性と即興能力を活かすことができます。

 


 

皆さんはどのタイプでしたでしょうか?


個々のメンバーにさらにスキルが加わるとまたいろんな可能性が広がります。

ある性格タイプが特定の役割に最適だと一概に言えないことです。


多くの場合、個人が持つスキルセット、経験、そしてその人がどのようにして自分の弱点を克服し、強みを活かしているかが、役割の適性を決定します。


したがって、特定の性格タイプが管理職に適しているとは言え、それぞれのタイプが特定のスキルを獲得し、個人の弱点を補強することによって、さまざまな管理職で成功する可能性があります。


 



Co-Assignではシンプルで使いやすいアサイン管理ツールを皆様に提供しております。

無料トライアルも実施中です。是非お試しください!








システム開発、コンサル、WEB制作といった、クライアントワークを プロジェクト型で行っている企業様向けのアサイン管理ツールです。


メンバーの稼働予定や役割・スキルをクラウドで一元管理し、 最適なプロジェクト体制の構築を支援します。 リソース管理者を悩ます、アサインのパズル問題を解決して、

受注キャパシティーの最大化をサポートします







Comentarios


bottom of page