top of page

もし、システム開発会社のアサイン管理者が明智光秀だったら、どんなメリットがありそうですか?

過去に、織田信長や武田信玄などが、アサイン管理者だったらどんなメリットがあるかを調査した第四段! 今回は明智光秀です。

システム開発会社のアサイン管理者だったら、以下のメリットがありそうです。

1. 高い分析力と判断力


本能寺の変で織田信長を討った人物として有名ですが、その一方で、優れた分析力と判断力を持つ武将としても知られています。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクトの課題やリスクを的確に分析し、適切な判断を下すことで、プロジェクトを成功に導くことができるでしょう。



2. 柔軟な対応力と実行力


状況に応じて柔軟に対応できる人物としても知られています。本能寺の変においても、信長の油断を見逃さずに、迅速な決断と実行力で奇襲を成功させました。システム開発プロジェクトにおいても、状況の変化に応じて柔軟に対応することで、プロジェクトをスムーズに進めることができるでしょう。



3. 優れたコミュニケーション能力


周囲の人々と良好な関係を築くことに長けていた人物としても知られています。敵対していた武将と和睦したり、信長に重用されたりなど、そのコミュニケーション能力の高さは多くの史料で語られています。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクト関係者との良好な関係を築き、円滑なコミュニケーションを実現することで、プロジェクトを成功に導くことができるでしょう。



具体的なメリット


プロジェクトの課題やリスクを早期に発見し、適切な対策を講じることができる


明智光秀は、信長の天下統一の過程において、様々な課題やリスクを乗り越えてきました。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクトの課題やリスクを早期に発見し、適切な対策を講じることで、プロジェクトの成功確率を高めることができます。


状況の変化に柔軟に対応し、プロジェクトを軌道修正することができる


明智光秀は、本能寺の変において、信長の油断という状況変化を逃さずに、迅速な対応で奇襲を成功させました。システム開発プロジェクトにおいても、状況の変化に柔軟に対応し、プロジェクトを軌道修正することで、プロジェクトの成功に導くことができます。

プロジェクト関係者との良好な関係を築き、円滑なコミュニケーションを実現することができる


周囲の人々と良好な関係を築くことに長けていた人物として知られています。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクト関係者との良好な関係を築き、円滑なコミュニケーションを実現することで、プロジェクトを成功に導くことができます。



注意点


信長を討った人物として、歴史上悪役のイメージが強い人物です。そのため、アサイン管理者に明智光秀を起用することには、プロジェクト関係者からの反発や抵抗があるかもしれません。また、明智光秀自身も、そのイメージを払拭するために、より一層の努力が必要となるでしょう。



結論


高い分析力、判断力、柔軟な対応力、優れたコミュニケーション能力など、システム開発会社のアサイン管理者として必要な資質を多く兼ね備えています。しかし、歴史上のイメージによる課題もあるため、アサイン管理者に起用する際には、そのメリットとデメリットをよく検討する必要があります。

Comments


bottom of page