top of page

チームの生産性を高める リソース管理の3つの必須要素



今回は、リソース管理において最も重要な三つの要素についてです。

組織やチームの人材の稼働状況を効果的に把握し、計画することです。

それでは三つの重要な要素をご覧ください。


 

組織戦略の要:リソース管理とプロジェクト管理の区別


まずは、リソース管理とプロジェクト管理は密接に関連していますが、

それぞれに独自の焦点と機能があります。以下に主な違いをいくつか挙げます。




  1. 焦点の違い:


  • リソース管理は、人材、予算、物資などのリソースの割り当てと最適化に焦点を当てています。これにはリソースの可用性、スキル、コスト、およびその他の要因が含まれます。

  • プロジェクト管理は、特定の目標を達成するためにプロジェクト全体を計画、実行、監視、制御するプロセスに焦点を当てています。これにはスケジュールの設定、タスクの割り当て、リスク管理などが含まれます。



▼目的の違い:


  • リソース管理の主な目的は、組織内のリソースを効率的に割り当てて最大限に活用することです。

  • プロジェクト管理の目的は、特定のプロジェクト目標を期限内に、予算内で達成することです。



▼範囲の違い:


  • リソース管理は組織全体のリソース配分に関わります。これは複数のプロジェクトや日常業務にまたがることがあります。

  • プロジェクト管理は通常、特定のプロジェクトまたは一連の関連するプロジェクトに限定されます。



▼方法論の違い:


  • リソース管理は、リソースの需給を分析し、割り当てるための方法論を使用します。これにはリソースの利用率、コスト管理などが含まれます。

  • プロジェクト管理は、プロジェクトのライフサイクル(開始、計画、実行、監視、終了)に沿って、タスク管理、スケジュール管理、ステークホルダーのコミュニケーションなどの方法論を使用します。







これらの違いを理解することは、組織が効果的に両方の領域を管理するために重要です。

プロジェクト管理とリソース管理は互いに補完的であり、組織の目標達成において相互に依存しています。


 

チーム成功への道:可視性、見通し、共有の重要性





◆メンバーの稼働状況と将来の予定の可視化


  • メンバーの現在の作業量と今後の予定を明確にすることは、プロジェクトの効率的な管理に不可欠です。これにより、適正なリソース割り当てが可能になり、チームの生産性と健康を維持することができます。

  • また、プロジェクトの変更や新しい要件が発生した場合、迅速に対応し、適切な人材を配置するための基礎となります。



◆全体的なリソース総量の見通し


  • 事業の変動や市場の変化に応じて、プロジェクトの実行可否や新規受注の可否が決まります。組織全体のリソースを常に把握し、適切に管理することが、これらの決定において重要です。

  • リソースの過剰または不足がないように管理することは、持続可能な事業運営と成長のために必要です。



◆チーム間および部署間の情報共有


  • 情報が適切に共有されていない場合、マネージャーやチームメンバーが必要な情報を得るために余計な時間を費やすことになります。

  • 関連するチームや部署間で情報が共有され、一元化されていることは、効率的な意思決定と迅速な対応に不可欠です。


 


Co-Assignではシンプルで使いやすいアサイン管理ツールを皆様に提供しております。

無料トライアル実施中です。是非お試しください!

 






システム開発、コンサル、WEB制作といった、クライアントワークを プロジェクト型で行っている

企業様向けのアサイン管理ツールです。 メンバーの稼働予定や役割・スキルをクラウドで一元管理し、 最適なプロジェクト体制の構築を支援します。 リソース管理者を悩ます、アサインのパズル問題を解決して、 受注キャパシティーの最大化をサポートします





Comments


bottom of page