top of page

アサイン管理がとても大切なワケ

更新日:2023年4月21日


~成功に導くためのアサイン管理~

先日、息子の小学校で2分の1成人式がありました。

★2分の1成人式とは、成人の2分の1の年齢である10歳を迎えたことを記念して行われる行事)


その式の中で、「子供たちの将来の夢は」の発表があるのです。



上位にはユーチューバーや、ゲームを作る仕事がしたい、プログラミングの仕事がしたい、パティシエになりたいが多かったと思います。



なぜこの話が出たかと言うと、先日のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本優勝で思い出しました。

WBC日本優勝おめでとうございます!!




クラスに必ず数人はいたであろう、「野球選手になりたい」子が1名いました。

末頼もしいですね!!


子供たちは目を輝かせながら、自分の将来の夢を発表している姿を見ていると、

感慨に浸っていました。

この瞬間は、先生と保護者が唯一子供たちから気づきをもらえた時間だと思います。

将来の夢叶うといいですね!


話は戻りまして、今回は優勝に導いた野球選手のアサイン管理について、

少しご紹介します。



野球選手のアサイン管理はどんなのがあるの?


野球選手のアサイン管理は、多くの場合、プロ野球チームの監督やコーチが行うようです。


1.選手の能力や特徴の把握 

  スカウトやコーチが評価を行うようです。また、データ分析などを活用して、

  選手のパフォーマンスや傾向を把握することもあります。


2. チームの戦略や試合スケジュールの考慮

  相手チームの状況に合わせて、適切なアサイン先を決定します。


3. 選手の状態の把握

  選手の怪我や疲労など、状態に応じて適切なアサインを行います。

  起用や休養の判断が必要です。


4. ポジションや役割の考慮

  選手のポジションや役割を考慮して、状況により守備力が高い選手を重視して

  起用するなどの適切なアサインを行います。


5. コミュニケーション

  選手とのコミュニケーションを大切にし、選手の意見や希望を考慮したアサインを

  行います。また、選手とのコミュニケーションを通じて、モチベーションの維持や

  チームの団結力の向上を図ります。


以上のような、アサイン管理が行われているようです。

※これらの管理がすべてのチームで共通しているわけではありません。


スポーツ界のアサイン管理の重要性がわかります。

優勝への道は、明確なアサイン管理が行われていたのではないでしょうか。

 

では、ビジネスにおいてのアサイン管理と比較してみた時はどうでしょうか?



スポーツ界とビジネスのアサイン管理の共通点は?



★能力の把握


アサインする前に、能力や特徴を把握する。


★状態の把握


アサインする前に、状態を把握することが重要です。

★目標設定


アサインする前に、目標を立てておくことは重要です。

★コミュニケーション


スポーツ選手もビジネスパーソンも、アサイン後のコミュニケーションは

共通して重要です。



 

いかがでしたでしょうか。

スポーツ界とビジネスでのアサイン管理には、共通する課題や要素がありますね。


適切なアサイン管理を行うことで、人材育成や業務遂行の効率化につながり、

成功に導くためのアサイン管理が、とても大切な理由でした。





ビジネスのアサイン管理ツールは、Co-Assign!!






Co-Assign では「リソース管理」に関する課題に対して、どのような機能を提供しているかを、機能:リソース管理 にて画面を交えながらご説明しています。







Comments


bottom of page