【やってよかった!】開発組織の差配をシステム化~開発マネージャー向け~



今誰がどのプロジェクトにアサインされているのか? 情報収集に奔走する開発マネージャー


開発マネージャーは、組織内で動いている複数のプロジェクトの進行状況を俯瞰的に把握し、それぞれのプロジェクトを成功させるために最適な人材をプロジェクトへ参画するよ

指示したり、人材の入れ替えや再配置を行うなど要員の調整をする仕事です。



要員の調整をするために、組織全体で下記の3点を把握する必要があります。

・自社メンバーのスキルと役割

自身の部署のみではなく他部署も含めて、どのチームに、どんなスキルと役割をもったメンバーがいるのか。

・プロジェクトの進行状況

納品の遅延による要員の逼迫がないか、大きなトラブルがないか、それによる余剰人材が発生しないか。


・これから受ける案件やプロジェクトの進捗

これからどのくらいの規模のプロジェクトが見込まれているのか、それにより何人の要員が必要になるのか。


この情報を開発マネージャーが把握するためには

「各PM(プロジェクトマネージャー)1人づつに聞いていく」「PMを集めて会議を行う」といったような、アナログ的な作業になりがちです。

この作業を効率化するため、クラウドツールの検討をおすすめします。




社内情報収集の効率化をするメリット


人的リソースの負荷が大きいアナログ作業の効率化を図るメリットは何でしょうか?


アサイン会議の短縮化

プロジェクトの進捗状況・要員の過不足状況について情報共有のスピードが上がり

アサインの調整が俊敏にできるようになります。

会議時間の短縮も見込めますが、見通しもわかるため一歩先を進んだ対応ができるようになります。



稼働の予定と実績を瞬時に算出、すぐにギャップがわかる

開発メンバーが日々の稼働時間の入力をすることで実績が、要員計画に反映されます。

プロジェクトの途中、月締め、プロジェクト終了時の好きなタイミングで

稼働予定金額と実績金額のギャップを瞬時に把握する事ができます。


このようにクラウドツールに置き換えることで、アナログな作業が無くなると同時に

上記のメリットも副産物として得ることが可能です。

開発マネージャーが属人的だった作業をシステムで見える化することで

「より正確に、早く、最適」な作業へすることができます。




アサイン作業をより「正確に、早く、最適な」結果を出すために!クラウドツールCo-Assign(コーアサイン)


いまは、開発組織のアサインに特化したクラウドツールは少ないのが現状です。

中でも株式会社アイリッジのCo-Assign(コーアサイン)は、受託開発会社の自社課題から生まれた、アサイン管理に特化したクラウドツールです。




無料オンボーディング、業務フィットをサポート


無料トライアル利用期間中に業務フィットにむけオンボーディングサポートをいたします。

Excel運用からの切り替え、既存ツールとの繋ぎ込みや切り替えなどお気軽にご相談ください。



\3月限定!利用料 完全無料キャンペーンがスタートしました/


月額料が3ヵ間0円になる期間限定キャンペーン実施中


2022年3月末までにお申込みの先着5社様を対象に、毎月のCo-Assign(コーアサイン)利用料を、3ヶ月間完全無料とするキャンペーンを実施しております。

まだアサイン予定管理や開発リソース管理をExcelで実施している企業様は、この機会にぜひお試しください!


  • キャンペーン期間  2022年3月1日(火)~3月31日(木)

  • キャンペーン内容 期間中にお申込みの先着5社様限定で、3ヶ月間無料でCo-Assignをご提供します

  • 申込み方法 本サイトの「無料トライアル」より必要情報をご入力の上お申込みください




開発リソースのコントロールに関する \アサイン管理・要員管理のお役立ち情報はこちら!/


Co-Assign(コーアサイン)がお送りするお役立ち情報を発信中です。

ぜひご覧ください。