開発チーム体制をたった2週間でつくる方法



最速最短で開発チームを作らなければならなくなった。

この状態に至った原因は置いておき、本日はアサイン管理者や要員管理者、リソースマネージャーやプロジェクトマネージャーが、最速最短で開発チームを作る方法をご紹介します。


通常スケジュールでは1ヵ月が必要

おおよそ開発チームの体制を作るための期間は、下記のスケジュール内訳の通り、1ヵ月は必要になります。

  • ステップ1(おおよそ:3営業日) プロジェクト概要を把握し、プロジェクト全体の大局を見る。

  • ステップ2(おおよそ:3営業日) 要員計画を策定。必要なメンバーの人数/スキル/稼働工数の計画を作る。

  • ステップ3(おおよそ:4営業日) 要員計画を元に最適な人材(バイネームで)をアサインする。 ーその期間に参画できる稼働率(予定)なのか ープロジェクトに適したスキル・経験を持っているか。

  • ステップ3ー1(おおよそ:5営業日) 人手不足で社内リソースで足りない場合、外部から人員をアサインをする。 ベンダーや人材紹介会社からの提案から面談/契約などの手続きが発生

  • ステップ4(おおよそ:5営業日) 社内承認をとり、アサインしたメンバーにプロジェクト概要の説明しキャッチアップ

  • ステップ5(おおよそ:3営業日) 開発着手に向け、環境構築と契約等の手続き面の整備、コミュニケーションツールの立ち上げ、各種キックオフ資料作成後、プロジェクトスタート

開発チーム作りが1ヵ月→2週間にする方法は?

・チーム作り時に生じる「型が決まった作業」を短縮化。 ・人員に関する情報を、集計/可視化/共有する。

この2点をWebツールを使い解決することが可能です。

アサイン最適化ツールCo-Assign(コーアサイン)

Co-Assignは人材リソースを無駄なく配置・調整できる、アサインマネージャーの方向けに特化したツールです。 プロジェクトの遂行に求められるスキル・必要工数・予算と、メンバーのスキル・資格・経験・稼働予定を一元管理して、メンバーを最適なプロジェクトへ配置することができす。


また、社内のリソースでは最適な人材が見つからなかった場合、Co-Assignには人材紹介会社に提案の募集を呼びかける機能があります。 募集を呼びかけることができる外注ベンダー・人材紹介会社・SES事業者は、アイリッジが開拓したCo-Assignに既に加盟している多数の会社と、Co-Assignの導入開発会社様が普段お付き合されているパートナー会社様です。 今までの人材紹介会社とのメールや電話によるコミュニケーションも、Co-Assignでクラウド上に集約することで業務コストを大幅に削減することが可能です。


現在、Co-Assign(コーアサイン)は無料でトライアル利用が可能です。 興味を持たれた方は、こちらのお問合せフォームからトライアル利用ご希望の旨をご連絡ください