top of page

~技術の前線~リスキリングがエンジニアのキャリアをどのように変えるのか

更新日:2023年9月20日





今回は、エンジニアのリスキリングについてです。

技術の進化と変革は目まぐるしく、エンジニアとしてのスキルと知識を継続的に

更新することにより、時代の流れに取り残されてしまうことはないでしょう。

この記事では、エンジニアのリスキリングの重要性について、述べていきたいと思います。



エンジニアのリスキリングがなぜ重要なのか?




1.技術の進化に追従する


今の時代、技術は非常に速いペースで進化しています。

例えば、クラウド技術、AI、量子コンピューティングなど、新しい技術が次々と

生まれています。エンジニアはこれらの新技術に追従し、スキルをアップデートする必要があります。



2.キャリアの持続性を保つ


既存のスキルが時代遅れになると、就職や昇進のチャンスが減少します。

リスキリングにより、自身のキャリアを長く維持・発展させることが可能となります。



3.より高い付加価値を提供する


新しい技術を学び、それを実務に活用することで、より高い価値を持つ製品やサービスを

開発することが可能になります。これは企業の競争力を高める要因となります。





4.自らのモチベーションを維持する


新しい知識やスキルを身につけることは、エンジニア自身のモチベーションを向上させる要因となります。

               学びの継続は、仕事の満足度ややりがいを感じるための

               鍵です。



5.業界の変化に柔軟に対応する


業界のニーズや要求は変わりやすいです。リスキリングにより、エンジニアは変化する

業界の状況に迅速かつ柔軟に対応することが可能となります。




以上のように、エンジニアのリスキリングは、技術の迅速な変化に対応するためだけでなく、自身のキャリアやモチベーションを維持・向上させるためにも非常に重要です。

エンジニアとしての成長を続けるために、リスキリングの意義を理解し、積極的に取り組むことが望ましいでしょう。

 


DX時代の人材戦略「リスキリング」と日本での取り組み


DX(デジタルトランスフォーメーション)時代には、技術の進歩と変化によってビジネスの風景が大きく変わりつつあります。この変革の中で、企業は従業員のスキルや能力を

再評価し、再教育の取り組みが不可欠になってきています。

この背景から、日本における取り組みや考え方を見てみましょう。





背景としての労働市場の特性

日本の労働市場は、長い間、終身雇用と年功序列が主流でした。しかし、グローバル化と技術の進化の波により、企業は柔軟な人材戦略を模索するようになりました。リスキリングは、従業員のキャリアの再構築をサポートし、企業の競争力を維持するための手段として注目されています。



リスキリングの認識

日本の企業においても、DXの進展に伴い、ITスキルやデジタル関連の能力が求められるようになっています。リスキリングの必要性は高まっており、企業内の教育や研修の機会が増えてきています。



官公庁の取り組み

日本の政府や関連機関も、リスキリングの推進を進めています。例えば、様々な職業訓練や資格取得の支援策が考えられています。



企業文化の変化

日本の企業文化は、従来、専門性や縦の結束を重視してきましたが、DX時代には横断的な協力や多様性が求められるようになってきました。リスキリングは、これらの変化に対応するための手段として認識されています。



チャレンジとしての課題

一方で、日本の企業には、リスキリングの取り組みを本格的に推進するための課題もあります。例えば、従業員のモチベーションの向上、教育・研修のシステム構築、労働市場の柔軟性の確保などが挙げられます。


 

日本のエンジニアの求人に伴う課題


日本のエンジニアの求人倍率は近年高まっており、これはIT技術の進化やデジタルトランスフォーメーションの加速によるものと言われています。



この高い求人倍率は、エンジニアが非常に求められる職種であることを示していますが、

それに伴ういくつかの課題が浮き彫りになってきています。


スキルのミスマッチ

給与の競争

教育・研修の不足

企業文化の適応

長時間労働の問題

外国人エンジニアの受け入れ



 

技術者の再編成とタスクマッチング

新時代のエンジニアリングチームの育成



エンジニアのリスキリングとアサイン管理を組み合わせることで、エンジニア個人の成長と組織全体の発展を促進することが可能です。



・スキルギャップの特定


まず、エンジニアの現在のスキルセットと業界や企業の必要とするスキルとのギャップを

特定します。この情報は、リスキリングの方向性を明確にし、どのような研修や教育が必要かを決定するための基盤となります。




・アサインの最適化


エンジニアのスキルや成長したい方向性を考慮しながら、プロジェクトやタスクを

アサインします。これにより、エンジニアが新しいスキルを実務で活用する機会が増え、リスキリングの成果を直接感じることができます。






「リソース管理」に関する課題に対して、Co-Assign がどのような機能を提供しているかは、機能:リソース管理 にて画面を交えながらご説明しています。





・リスキリングのフィードバックループの構築


プロジェクト終了後やアサイン変更の際には、エンジニアからのフィードバックを

収集します。これにより、リスキリングの効果や改善点を知ることができ、次回の研修や

教育の内容を最適化することが可能になります。



・キャリアパスの明確化


エンジニアのリスキリングをサポートするために、明確なキャリアパスを提示します。

これにより、エンジニアは自身の成長の方向性を明確にし、アサインや研修の選択に活用することができます。



・実践的な研修の提供


アサインされたプロジェクトに関連する実践的な研修を提供します。これにより、エンジニアは新しいスキルを直接プロジェクトに活用することができ、その成果を即座に実感することができます。



・メンタリングやコーチングの導入


経験豊富なエンジニアや外部の専門家を通じて、リスキリングのサポートやアサインに

関するアドバイスを提供します。これにより、エンジニアは自身のスキルやキャリアの

方向性をより具体的に考えることができます。


 

エンジニアのリスキリングは、企業、政府、教育機関が連携して、継続的なスキルアップの機会を提供するとともに、エンジニアにとっての働きやすい環境の整備が不可欠であります。

また、アサイン管理を組み合わせることで、エンジニアの成長と組織の発展を同時に促進することが可能となります。





ビジネスのアサイン管理はCo-Assign















Kommentare


bottom of page