top of page

駆け出しプロジェクトマネージャー:立ち上げプロセス:プロジェクト憲章って?


前回 PMBOKをアサコ先輩に教えてもらったコウは少しずつPMBOKを読み進めていた。


























 

立ち上げプロセス


立ち上げプロセスとは、「プロジェクトまたはプロジェクトの新しいフェーズを開始する認可を得ることで、新規プロジェクトや既存プロジェクトの新しいフェーズを明確に定めるために実行されるプロセス」です。


立ち上げプロセスを適切に実行することで、プロジェクトチームは、プロジェクトの成功に必要な基盤を築くことができます。したがって、プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの立ち上げプロセスを十分に理解し、適切に実行することが重要です。


プロジェクト立ち上げプロセス群は、大きく2つのプロセスで構成されています。


・プロジェクト憲章の作成

・ステークホルダーの特定













 

プロジェクト憲章とは


プロジェクト憲章は、プロジェクトの目的や目標、ハイレベルの要求事項、マイルストーン・スケジュール、プロジェクトの成功基準、終了基準などが書かれた文書である。これによりプロジェクト・マネージャーが任命されるものなので、プロジェクト憲章を発行するのは、プロジェクト・マネージャーではなく、プロジェクトのイニシエーターやスポンサーとされている。


PMBOK用語でプロジェクト憲章というのは、次のように定義されています。


プロジェクト憲章は、プロジェクトの存在を正式に認可する文書であり、プロジェクトのイニシエーターまたはスポンサーが発行する。プロジェクト憲章は、プロジェクト・マネージャーが母体組織の資源をプロジェクト活動のために使用する権限を与える。プロジェクト憲章を通して文書化されるものとして、ビジネス・ニーズ、前提条件、制約条件、顧客ニーズの理解範囲、ハイレベルの要求事項、新しいプロダクト、サービス、あるいは所産が満たすべき要求事項がある。 
(PMBOKガイド 第5版)
























PMBOKによれば、プロジェクト憲章には次のような項目が記載されているべき、と記載されています。

  • プロジェクトの目的 (何故このプロジェクトをやるのか)

  • 測定可能な目標 (誰がみてもわかる指標でのゴール設定)

  • 前提条件と制約条件 (実現するためにどのようにやるのか)

  • マイルストーン・スケジュール

  • 予算

  • リスク  

  • 責任者

プロジェクトによって記載する項目は増減しますが、一般的に計画や予算、リスクは細かく記載する必要があります。プロジェクト憲章は、プロジェクトが上手くいっていない時ほど効果を発揮します。プロジェクトのスタートに戻り、方向性がずれてないか、本来の目的は何かを振り返ることができるからです。













プロジェクト憲章と企画書は、プロジェクトの立ち上げ段階で作成される文書ですが、それぞれ異なる目的を持っています。


プロジェクト憲章は、プロジェクトのスポンサーやステークホルダーによって承認される、プロジェクトの基本的なビジョン、目的、範囲、および主要なステークホルダーの期待について記述した文書です。プロジェクトチームのメンバー、担当者、リソース、および予算についても説明されます。プロジェクト憲章は、プロジェクトを開始する前に作成され、プロジェクトの成功を保証するために重要な役割を果たします。


一方、企画書は、プロジェクトの目的、ビジョン、目標、および具体的なアクションプランに焦点を当てた文書です。プロジェクトチームが実際に実行する活動に関する詳細な情報を提供します。また、予算、スケジュール、リソースの割り当て、および進捗状況の追跡についても説明されます。企画書は、プロジェクトをより具体的に理解し、実行可能な計画を策定するために必要な重要な文書です。


プロジェクト憲章はプロジェクトを承認するための目的で作成され、プロジェクトの基本的なビジョン、目的、およびスポンサーやステークホルダーの期待に焦点を当てます。一方、企画書は、実際にプロジェクトを実行するための計画と具体的なアクションに焦点を当てます。



























 

リソース管理の業務効率化を目指すなら


私たちは、アサイン管理・リソース管理といった業務をより効率的にし、ビジネスアジリティを向上させるためのツールである Co-Assign(コーアサイン)を提供しています。

もし、ご興味があれば こちらより お気軽にお問い合わせください。







Comments


bottom of page