top of page

ワーケーションでアサイン管理の壁を超える

~仕事も遊びも充実する方法~



みなさんは近年、ワーケーションという言葉を聞いたことがあると思います。

新型コロナウィルス(COVID-19)によってテレワークが広く普及したことが拍車となり、今まではオフィスで働くことが一般的でしたが、感染拡大防止のためにテレワークが推奨されたことで、ワーケーションの概念が注目されるようになりました。

また、働き方改革の推進や、地方創生の観点からも、ワーケーションの言葉も注目されるようになりました。


 

ワーケーションとは?


『ワーケーション(Workcation)』(Work+Vacation)とは、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)の合成語です。仕事と休暇を組み合わせた新しい働き方のスタイルであり、旅行先での楽しみやリラックスしながら、リモートで仕事をすることができます。

またリフレッシュすることによりストレスを軽減し、仕事の生産性が向上する可能性があります。




働き方改革の推進って?


「働く人々がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会」を実現するための改革のこと。労働環境を大きく見直し、働く意欲をもつすべての人にとって働きやすい社会をつくり、労働人口を増やして生産性を上げることです。




地方創生の観点とは?


地方創生の観点とは人口急減・超高齢化を日本が直面する大きな課題に対し、政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの地域を活かした自立的で持続的な社会を創生すること」を目的としています。




 




◆ワーケーションの種類◆


ワーケーションの種類は、「休暇型」と「業務型」の2種類に分かれています。

 また「業務型」には、それぞれ3つのスタイルがあります。


1.休暇型


リゾート地や観光地などで休暇を楽しみながら、リモートワークを行う働き方でになります。

「休暇型」は、企業が有給休暇の取得促進など、福利厚生を目的に行っている場合が多いようです。




2.業務型


仕事をメインとする形です。その前後に休暇を楽しむ働き方です。

企業や受け入れ地域のニーズに合わせて「地域課題解決型」「合宿型」「サテライトオフィス型」の3つの働き方が主にあります。


 


では、ワーケーションのメリット・デメリットを見ていきましょう。



✿ワーケーション メリット



プライベートの時間を確保しやすくなる 働き方の自由度が上がる 作業効率が上がる ・モチベーションが上がる ・リフレッシュできる


✿ワーケーション デメリット



コストがかかる 導入に時間が必要 切り替えが難しい 労働時間の把握ができない




ここでは、デメリットの一部に注目してみます。

ワーケーションを実現する為に、アサイン管理をすることで、

困難な壁を超えて解決できる方法をみてみましょう。



ワーケーションを実現するアサイン管理方法


 

1.目的と期間をしっかり決める


ワーケーションを行う前に、目的と期間をしっかり明確にする必要があります。

期間が長すぎたり、目的があいまいだと、社員が業務に集中できなくなる可能性があります。目的と期間を決めることで、社員は自分自身のスケジュールを調整し、仕事に集中することができます。


 

2.タスクと締め切り、管理はできる限りはっきり決める


社員には、ワーケーション期間中に行うべきタスクと締め切りを明確に伝える必要があります。これにより、社員はワーケーション中もタスクを完了できるようになります。

タスクや締め切りに関する詳細を共有し、社員に正確な情報を提供することが重要になります。


💡予実管理が必要な場合は💡


 

3.コミュニケーションを密にする


社員がリモートで働く場合、コミュニケーションが重要になります。

社員との連絡を取るために、ビデオ会議やメッセージアプリケーションを使用する。

定期的な連絡や進捗報告のスケジュールを設けることで、社員とのコミュニケーションを確保することができます。


 

4.フレキシブルなスケジュールを作成し、プライベートと仕事のバランスをとる。


ワーケーション期間中に、社員が労働時間を柔軟に調整できるようにすることが重要です。これにより、社員は旅行先での楽しみを妨げずに、仕事に集中できます。

スケジュールを調整する際には、社員のタイムゾーンを考慮したり、タスクの優先順位を

調整したりすることで、より柔軟なスケジュールを作成することができます。

また、社員が問題を抱えた場合には、フレキシブルなスケジュールで対応することができます。


 

5.ツールを使用する


アサインの管理には、ツールを使用することをお勧めします。

例えば、タスク管理ツールやプロジェクト管理ツールを使用することで、社員のタスクや進捗状況を把握することができます。また、共有ドキュメントやスケジュール管理ツールを使用することで、社員とのコミュニケーションやスケジュールの調整が簡単になります。


💡リソース管理が必要な場合は💡


 

6.フォローアップを行う


ワーケーション期間が終了したら、社員とのフォローアップを行うことも重要です。

ワーケーション中に発生した問題や改善点を共有し、今後の改善点について話し合うことで、より効果的なワーケーションを実現することができます。



 


いかがでしたでしょうか?

ワーケーションを実現する一つのツールに、アサイン管理の重要性をご紹介しました。





ビジネスのアサイン管理ツールは、Co-Assign!!











댓글


bottom of page