top of page

営業から開発まで一元管理         **プロジェクトアサインの新しい流れ**




皆さんは、新規プロジェクトの始動時、どのようなツールを利用していますか?

アサイン調整をしながらプロジェクト管理はできていますか?

今回は、営業から開発までの一元管理についてご紹介いたします。


 


アサイン調整の悩みを解消!



多くの企業では、案件獲得にはSalesforce、kintone、HubSpotなどのSFA・営業支援ツールを使用し、プロジェクトのスタートにはBacklog、Redmine、Jiraなどのプロジェクト管理ツールが活用されています。


これらのツールは、それぞれの分野で高い効率と有効性を発揮しますが、一つの大きな課題があります。







その課題とは、案件獲得(受注)からプロジェクト開始に至る中間作業、つまり開発人材をプロジェクトにアサインする作業です。



現実には、このアサイン作業に特化したツールは少なく、多くの企業がExcelやスプレッドシートに頼っているのではないでしょうか。

しかし、この方法は効率が低く、情報の一元管理や最適なリソースの配分が難しくなります。





「リソース管理」に関する課題に対して、Co-Assign がどのような機能を提供しているかは、機能:リソース管理 にて画面を交えながらご説明しています。



 


ここで、ご紹介したいアイリッジが開発した「Co-Assign」というリソース最適化ツールに注目してください。

このツールは、案件の受注見込みから開発人材のアサイン、プロジェクトスタートまでをスムーズに連携させることができます。



具体的には、以下のようなメリットがあります。



1.      体制作りが早くなる Co-Assignを使えば、案件情報、稼働予定、スキルなどのアサインに必要な情報が簡単に集約でき、関連する会議の時間短縮にも繋がります。



2.      最適な人材をアサインできる 部署を跨いだアサインが容易になり、プロジェクトと人材のミスマッチリスクを減らせます。




多くの企業がExcelやスプレッドシートに依存している現状を鑑みると、Co-Assignのようなツールは、プロジェクト管理の効率化だけでなく、質の向上にも大きく寄与します。


アサイン作業のクラウド管理を実現し、プロジェクトの成功率を高めましょう。



 



Co-Assignではシンプルで使いやすいアサイン管理ツールを皆様に提供しております。

無料トライアル実施中です。是非お試しください!








システム開発、コンサル、WEB制作といった、クライアントワークを プロジェクト型で行っている企業様向けのアサイン管理ツールです。


メンバーの稼働予定や役割・スキルをクラウドで一元管理し、 最適なプロジェクト体制の構築を支援します。 リソース管理者を悩ます、アサインのパズル問題を解決して、

受注キャパシティーの最大化をサポートします





Yorumlar


bottom of page