top of page

業務見える化による効率と成長の促進 ~透明性への道~



今回は業務の見える化についてです。

当たり前のようで、すぐに可視化できる状態かと言われると、そうでない事が多いかもしれません。

可視化されることで、今気づいていないムダや非効率な点を発見するこができ、

業務改善につなげることができます。

では、どのような点を見える化していけばいいでしょうか。


 

分類ごとの見える化の具体的な方法


業務の見える化を効果的に管理するためには、以下のようになります。




1. 業務実行と進捗


日々の業務の効率と進行状況を把握し、管理することに焦点を当てています。


  • 業務内容: 何が行われているのかを明確にし、各メンバーが担当する具体的なタスクやプロジェクトを明示します。これには、作業の範囲、期限、優先順位などが含まれます。

  • 進捗状況: 各タスクやプロジェクトの現在地をリアルタイムで把握し、進捗度合いや遅延がないかを確認します。これにより、必要な場合に迅速な調整や支援を提供できます。




2. 経営と戦略的指標



組織の高いレベルの目標と業績を追跡し、長期的な成功に向けて方向性を確認することを目的としています。


  • 経営状況: 売上、利益、成長率など、組織の財務健全性と運営効率を示す主要な指標です。これらのデータを通じて、経営陣は戦略的な意思決定を行い、必要に応じて方針を調整できます。

  • リソースの配分: 人材、資金、時間などのリソースがどのように割り当てられているかを示し、最適化の機会を探ります。これにより、リソースを最も効果的に使用し、ROI(投資収益率)を最大化するための戦略を立てることができます。





3. 品質と顧客関連


顧客満足と製品/サービスの品質向上に焦点を当て、組織が市場での競争力を維持・

向上させるための情報を提供します。


  • 品質指標: エラー率、返品率、顧客満足度調査など、製品やサービスの品質を測定するための指標です。これらを通じて、品質管理プロセスを評価し、改善点を特定します。

  • 顧客との関係: 市場動向、顧客のフィードバック、ニーズの変化など、顧客との関係を深めるための重要な情報。顧客の声を聞くことで、サービスの改善や新たな機会を発見できます。




4. 問題解決と組織的成長



問題を特定し、解決策を見つけるための戦略を立てることに焦点を当てるとともに、従業員のスキル向上と組織全体の学習を促進します。


  • 問題と改善点: 現在の問題点やボトルネックを特定し、それに対するアクションプランや改善策を設定します。目的は、持続的な改善を促進し、将来的な問題を予防することです。

  • 学習と成長: 従業員の能力開発、チーム間での知識共有、イノベーションへの取り組みなど、組織が進化し続けるための要素です。これには、研修プログラム、メンターシップ、フィードバック文化の促進などが含まれます。







 



見える化で重要な位置にあるリソースの割り当てについて、

ビジネスでのリソース管理に適したCo-Assignがあります。




Co-Assignではシンプルで使いやすいアサイン管理ツールを皆様に提供しております。

今は無料トライアル実施中です。是非お試しください!






システム開発、コンサル、WEB制作といった、クライアントワークを プロジェクト型で行っている企業様向けのアサイン管理ツールです。


メンバーの稼働予定や役割・スキルをクラウドで一元管理し、 最適なプロジェクト体制の構築を支援します。 リソース管理者を悩ます、アサインのパズル問題を解決して、

受注キャパシティーの最大化をサポートします




Comments


bottom of page