top of page

ジョブアサイメント担当者はストレスが多い

Co-Assignのご商談機会で様々なアサイン担当者にお話を聞く機会があります。


お話を聞いている中で、アサイン担当者の方がストレスと感じるポイントが見えてきので、要約してご紹介します。


皆さんの会社のアサイン担当者は、これからご紹介するようなストレスに晒されていないでしょうか?


アサインを担当している方であれば、共感できる部分はあるでしょうか?



  1. 締切の迫るプレッシャー: 複数のアサイメントの締切を管理しなければならないことがあります。締切が近づくにつれて高いプレッシャーを感じることがあるようです。

  2. 要件の不明確さ: 要件が不明確であったり、変更が頻繁に行われる場合、適切な方向性を見つけるのが難しくなります。これによってストレスが増加するそうです。

  3. リソース不足: 時間や予算、人員などのリソースが不足している場合、プロジェクトを達成するために調整に過度の努力しなければならないことがあります。 調整作業が負担となり、ストレスにつながります。

  4. 困難なプロジェクトまたは課題: プロジェクトが技術的に難解なものや、複雑な課題を含む場合、担当者は適切な人員配置・スキルマッチを見つけるのが難しく、それに対する不安や挫折感がストレスと感じることがあるようです。

  5. 評価の不透明さ: アサイメントの成果物がどのように評価されるかが明確でない場合、担当者は自分の努力が報われるかどうか不確かなまま取り組むことになり、モチベーションの低下・ストレスを感じることがあります。

  6. 時間管理の難しさ: 複数のアサイメントを同時に担当している場合、効果的な時間管理が難しくなることがあります。アサイメントの優先順位をつけることや、タスクの適切な分割が難しくなりストレスを抱える場合があります。

  7. コミュニケーションの課題: アサイメントの進捗状況や問題について上司やチームとのコミュニケーションが円滑でない場合は、一番のストレスとなるようです。 どのような職域でもコミュニケーションがうまく行かないと辛いですね。


これらのポイントは、アサイメントの担当者がつらさやストレスを感じる可能性がある場面です。

組織内での適切なサポートやコミュニケーション、タスクの適切な分担などが、担当者のモチベーションとストレス管理をサポートするのに役立ちます。


皆さん、アサイン担当の方には優しくしてあげてください。

Comments


bottom of page