top of page

ジョブアサイメントに係る時間は?

突然ですが。皆さんの会社ではアサインを管理している人はいるでしょうか?

仮にいらっしゃたとして、どんな業務にどれ位の時間を費やしているのでしょうか?


今回は、私がCo-Assignを担当し直後に思った上記疑問について、記事にしていきます。


一番気になったのは、各社はアサイン管理業務をどんなタイミングで行っているのか?です。


そこで、様々な商談先にインタビューさせていただき、その内容をまとめてみました。



アサイン管理業務のタイミングは、プロジェクトの複雑さや規模、チームのニーズ、およびプロジェクトの進行状況によって異なります。ただし、週に数時間から数日分の時間を確保することが一般的のようです。

以下に、アサイン業務について考慮すべきポイントとその理由、タイミングをいくつか例示します。

  • プロジェクトの進行状況のモニタリングと調整(毎週数時間):

    • 理由: プロジェクトの進行状況を定期的に確認し、必要に応じてアジャストメントを行う必要があります。週次で進捗状況を確認することで、問題が早期に発見され、迅速な対応が可能となります。


  • メンバーの進捗状況のフォローアップ(毎週数時間):

    • 理由: 各メンバーの進捗状況を追跡し、課題や障害があれば解決策を提供する必要があります。週次のフォローアップを行うことで、メンバーが効率的に作業を進められるようサポートできます。


  • 新しいプロジェクトやタスクのアサイン(必要に応じて数時間から数日間):

    • 理由: 新しいプロジェクトやタスクが発生した際に、適切なメンバーに割り当てる必要があります。プロジェクトの新規開始や変更がある場合、時間をかけて適切なアサインを行うことで、プロジェクトの成功に寄与できます。


  • メンバーのスキルの評価とトレーニングの計画(定期的に数時間から数日間):

    • 理由: チームメンバーのスキルや能力を把握し、必要なトレーニングやスキル向上の計画を立てる必要があります。定期的な評価とトレーニングの計画を行うことで、チーム全体のパフォーマンス向上が期待できます。


以上のポイントを考慮した上で、週に数時間から数日間の時間をアサイン業務に充ていることがわかりました。


皆さんの会社と比べていかがでしょうか?


アサイン管理担当者の方に聞いてみてはいかがでしょうか?



Comments


bottom of page