top of page

アサイン担当者の失敗例と改善策

アサイン管理者は業務のなかでどんな失敗をしているのでしょうか?

また、その失敗を改善するためにどんな策をとっていると思いますか。


今回はアサイン管理を経験した何人かの方にインタビューし、内容をまとめてみました。


アサイン担当者の失敗例


1. 担当者のスキルや経験を考慮していない

  • スキルや経験不足の担当者に重要なタスクを任せ、作業が遅れたり、品質が低くなったりする。

  • 担当者のスキルや経験に合わないタスクを割り当て、担当者のモチベーションが低下する。


2. 担当者の workload を考慮していない

  • 担当者に過剰な workload を割り当て、作業効率が低下したり、担当者が体調を崩したりする。

  • 他のタスクとの兼ね合いを考慮せず、担当者のスケジュールが埋まってしまう。


3. コミュニケーション不足

  • 担当者にタスク内容や目標を明確に伝えず、担当者が誤った方向で作業を進めてしまう。

  • 担当者からの進捗報告や問題報告を十分に聞き取らず、問題が早期に発見・解決されない。


4. アサインの変更を頻繁に行う

  • 担当者が作業に慣れてきたタイミングでアサインを変更し、作業効率が低下する。

  • 変更理由を明確に伝えずにアサインを変更し、担当者に混乱や不信感を与えてしまう。


5. 担当者のモチベーションを考慮していない

  • 担当者の興味や関心と関係のないタスクを割り当て、担当者のモチベーションが低下する。

  • 担当者の貢献を評価せず、担当者のモチベーションが低下する。



改善策


1. 担当者のスキルや経験を把握する

  • スキルチェックや過去の成果などを参考に、担当者のスキルや経験を把握する。

  • 担当者との面談を通して、得意なことや苦手なことなどを把握する。


2. 担当者の workload を考慮する

  • 担当者の現在の workload を確認し、適切な workload を割り当てる。

  • タスクの優先順位を明確にし、担当者が集中して作業できる環境を作る。


3. コミュニケーションを丁寧に行う

  • タスク内容や目標を明確に伝え、担当者が理解していることを確認する。

  • 担当者からの進捗報告や問題報告を定期的に聞き取り、問題を早期に発見・解決する。


4. アサインの変更は慎重に行う

  • アサインを変更する場合は、変更理由を明確に伝える。

  • 変更による影響を最小限に抑えるように工夫する。


5. 担当者のモチベーションを高める

  • 担当者の興味や関心と関係のあるタスクを割り当てる。

  • 担当者の貢献を評価し、感謝の気持ちを伝える。


その他

  • アサイン担当者は、チーム全体の状況を把握し、最適なアサインを行うように心がける。

  • 担当者とのコミュニケーションを密に取ることで、問題を早期に発見・解決することができる。

  • アサインは定期的に見直し、必要に応じて変更を行う。


意外な失敗などはありましたか?


アサイン担当者になったら同じ失敗をしないように参考になれば幸いです。

Comments


bottom of page