top of page

アサイン担当者がメンバに協力して欲しい事は?

先日、ソフトウェア開発を手掛ける会社のアサイン担当者の方にお話をお伺いする機会がありました。


その時に話題になったのは「アサイン業務を円滑に進める為に、メンバの方に協力して欲しいことは何か?」という事でした。


その時に話をまとめると下記5つだそうです。


1.自分のスキルや経験を把握し、発信する

アサイン担当者は、発注企業の要件に合わせて適切なエンジニアチームをアサインする必要があります。そのため、メンバは自分のスキルや経験を把握し、発信することが重要です。


2.プロジェクトの進捗状況や課題を常に把握する

アサイン担当者は、プロジェクトの進捗状況や課題を常に把握し、問題が発生した場合は迅速に対応する必要があります。そのため、メンバはプロジェクトの進捗状況や課題を常に把握し、アサイン担当者に報告するようにしてください。


3.積極的にコミュニケーションをとる

アサイン担当者とメンバの間で積極的にコミュニケーションをとることで、お互いの理解が深まり、よりよいアサインが可能になります。そのため、メンバはアサイン担当者からの質問や依頼に積極的に答え、自分の意見や考えをアサイン担当者に伝えるようにしてください。


4.新しい技術や知識を学ぶ

ソフトウェア開発の技術は日々進化しています。そのため、メンバは常に新しい技術や知識を学び、スキルアップを図ることが重要です。


5.チームワークを大切にする

ソフトウェア開発はチームワークが重要です。メンバはチームワークを大切にし、協力してプロジェクトを成功に導くようにしてください。


具体的には、以下のようなものが挙げられます。


  • 自分のスキルや経験をアサイン担当者に伝えるためのポートフォリオや自己PRを作成しておくこと

  • プロジェクトの進捗状況を把握するために、定期的にミーティングや報告会を開くこと

  • アサイン担当者と直接コミュニケーションをとる機会を増やすために、チャットやメールなどのツールを活用すること

  • 新しい技術や知識を学ぶために、セミナーや勉強会に参加すること

  • チームワークを高めるために、定期的にチームビルディングを行うこと

メンバがこれらのことに協力することで、アサイン担当者はより適切なアサインが可能になり、プロジェクトの成功につながそうです。


いかがだったでしょうか?


皆さんの会社ではアサイン担当者に十分な協力ができるいるでしょうか?


本記事を参考に、アサイン担当者の方にやさしくしてあげてはいかがでしょうか?

Comments


bottom of page