top of page

もし、アサイン管理者が織田信長だったら!

先日歴史好きな友人と会って食事する機会がありました。


彼は毎度のように、現代のポディションが戦国武将の「〇〇〇だったら・・・」的な話をします。


例えば「いまの総理大臣が明智光秀だったら・・・」的な感じのしゃべり出しです。


彼の話を聞きながら、私はアサイン管理者が戦国武将の〇〇〇ならどんな感じになるのだろうと、ふと思いました。


早速、家に帰ってAIなどを使って織田信長がアサイン管理者だったらどんな感じなのかを聞いてみました。


※一部、編集しています。


メリットとして下記が想定されるそうです。


  • 決断力と実行力

織田信長は決断力と実行力に長けていました。そのため、プロジェクトの開始や変更、人員の配置など、迅速かつ的確な判断を下すことができるでしょう。また、その判断を実行に移す力も兼ね備えているため、プロジェクトをスムーズに進めることができるでしょう。

  • 統率力

織田信長は統率力にも長けていました。そのため、プロジェクトの参加者をまとめ、目標に向かって一致団結させることができるでしょう。また、プロジェクトの進捗状況を常に把握し、必要な指示や指導を行うことで、プロジェクトの成功に導くことができるでしょう。

  • 革新性

織田信長は革新性にも長けていました。そのため、従来のやり方にこだわらず、新しい技術や方法を取り入れることによって、プロジェクトの効率化や品質の向上を図ることができるでしょう。また、新しいアイデアを積極的に提案し、プロジェクトの成功に貢献することができるでしょう。

具体的には、以下のメリットが考えられます。

  • プロジェクトの目標を迅速かつ的確に達成できる

織田信長は、天下統一という明確な目標を掲げ、それを達成するために、さまざまな戦略や戦術を駆使して、迅速かつ的確に実行しました。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクトの目標を明確に定め、それを達成するために必要な人員やリソースを的確に配置することで、プロジェクトの成功に導くことができるでしょう。

  • プロジェクトのリスクを最小限に抑えられる

織田信長は、戦においても、戦略を練り、リスクを最小限に抑えるように努めました。システム開発プロジェクトにおいても、プロジェクトのリスクを事前に分析し、対策を講じることで、プロジェクトの成功確率を高めることができるでしょう。

  • プロジェクトの品質を向上させることができる

織田信長は、常に高い品質を追求していました。システム開発プロジェクトにおいても、品質を重視した開発プロセスを構築し、プロジェクトの参加者に高い品質の意識を浸透させることで、プロジェクトの品質を向上させることができるでしょう。


上記のようなメリットが想定されるそうです。


織田信長がアサイン管理者になることで、必ずしもプロジェクトが成功するわけではないでしょうかが、織田信長の持つ決断力、統率力、革新性などの資質は、システム開発プロジェクトの成功に大きく貢献する可能性を秘めていると言えるようです。


皆さんの中でどの武将がアサイン管理をするのがベストでしょうか?


ご意見などがあれば、お聞かせください。

Comments


bottom of page