DXを成功させるためのエンジニアのアサイン最適化と戦略的育成とは? ~具体的なプロジェクトでの成功事例と「リスキリング」プロセスの最新動向

22/10/25 4:30

セミナー内容

DXを成功させるためのエンジニアのアサイン最適化と戦略的育成とは?
~具体的なプロジェクトでの成功事例と「リスキリング」プロセスの最新動向


DXプロジェクトを成功させるには、
最適な体制構築の為の、要員計画・アサイン調整が必須となります。

アサインにおいては、現在のプロジェクトに必要なスキルのマッチングと、
将来的なメンバーの成長を視野に入れたスキルの育成がポイントになります。

当セミナーでは、ITエンジニアのリスキリングに特化した
戦略的人材リスキリングSaaS「Techpit for Enterprise」を提供する
株式会社テックピット 山田社長をゲストにお迎えして、

DXプロジェクトにおけるメンバーのアサインやリスキリングの実践について
成功事例や最新動向を交えてご紹介します。

・第1部:
 アイリッジ社「 稼働状況やスキルに応じた最適なPJチームの体制構築
         要員管理の脱エクセル 最新動向 」

・第2部:
 テックピット社「 DXを成功させる『エンジニアの戦略的育成』とは?
          具体的な実施プロセスや成功事例を解説 」

概要

■開催日時
 2022年10月25日(火)13:30~14:30

■参加費
 無料

■開催方法
 ウェビナー(Zoom)にて開催します。
 ※お申込み完了後、別途「ブラウザ閲覧用URL」をメールでお送りいたします。
 ※オンライン開催ですので、会場にご来場いただく必要はありません
 ※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

■申込方法
 ページ下部のお申し込みフォームよりお申し込みください
 ※お申込み受付は10/25(火)12:00までとさせていただきます。

■注意事項
 ・競合他社様の参加はご遠慮ください。
 ・安定したWi-Fi環境下でご参加ください。
 ・何らかの理由で通信が中断してしまう可能性がございますが、ご了承ください。

登壇者プロフィール

株式会社テックピット
代表取締役
山田 晃平

学生時代に株式会社アッションにて、A/BテストツールVWO事業の国内ベンダーの立ち上げに携わる。
その中で大学を1年休学、パートナーのインド企業Wingify,incに単身出向、アライアンス強化に努める。
帰国後、エンジニアとしてスローガン株式会社にて同社子会社の立ち上げ。
その後、18年新卒で株式会社ガイアックスに新卒入社。
投資先スタートアップの支援などの複数事業の立ち上げに携わった後、
学生時代の日本とインドのテクノロジー教育の差を感じた経験から、株式会社テックピットを創業。


株式会社アイリッジ リーンインキュベーション部 部長
執行役員
梅元 建次朗

慶應義塾大学経済学部卒業後、ITコンサルティングファームなどを経て、アイリッジに参画。
開発グループ長(プロジェクトマネージャー・エンジニア・デザイナー等、システム開発部門の責任者)
を経て、現在は新規事業を創出・育成する「リーンインキュベーション部」部長。
過去、メガバンク、鉄道会社、不動産デベロッパー、ドラッグストア等
大手企業の大規模システム/Webサービス/アプリ開発など数々のDXプロジェクトでPM・PMOを担当。