top of page

経営層から求めらるジョブアサインメント

先日、ある経営者(従業員80名程度のシステム開発会社)の方とお話をする機会がありました。


その時に、こんな質問をしました。

「経営者から、ジョウアサインメントに要求することは何か?」

「ジョウアサインメントを担当する部下には何を求めているか?」


今回は、前者の「経営者から、ジョウアサインメントに要求することは何か?」についての回答をまとめて、記事にしていきます。


効率と生産性の向上:各メンバーが自身のスキルや専門知識を最大限に活かして働くことを期待しています。これにより、効率的なタスク遂行が促進され、プロジェクトの生産性が向上します。


タスクの適切な分配: 各メンバーの得意分野や興味に基づいてタスクを適切に分配して欲しいと考えています。各メンバーがモチベーションを保ちながら作業に取り組むことができればよいと思っています。


チームのバランス: チーム全体のバランスを踏まえてアサインを考えてほしいです。適切なスキルセットを持つメンバーが適切なタスクに配置されることで、チームの強みを最大限に発揮されることを期待しています。


成果物の品質向上: 各メンバーが専門的な知識やスキルを活かして作業できるようにしてほしいです。これにより、高品質な成果物の提供が可能となります。


チームメンバーの成長: 個々のメンバーが新たなスキルを習得し成長する機会を積極的につくれるようなアサイメントを目指してほしいと考えています。新しい課題や責任を通じて、メンバーがスキルを向上させ、組織全体の競争力を高めることができます。


総合的に言えば、経営の観点から見て、効率的なプロジェクト遂行、高品質な成果物の提供、チームメンバーの成長など多くの要望があるようです。


次回は「ジョウアサインメントを担当する部下には何を求めているか?」を記事にしていきます。


Comments


bottom of page